プログラミングを独学で勉強してマスターしたいあなたへ。無理だし効率悪いから普通にスクールで学んだほうがいいよ。

こんにちは。

 

今日は初心者向けにプログラミング学習について語りましょうか。

 

最近ですね、

 

「プログラミングを独学でマスターしたい!それも1ヶ月で」

 

みたいな相談を受けたりするんですけどね。

 

ぶっちゃけて言います。

 

1ヶ月でプログラミングはマスターできません。

 

できる人もいるかもしれないですけど、独学では無理。

 

基本的には無理。

 

そんなことない!俺は1ヶ月でアプリケーション作れたぞ!みたいな人がいるかもしれないですけど、

 

大概、そういう人って元々軽くプログラミングやったことあったりして、ほんまもんの未経験者ではないんですよ。

 

まあ、あとはその人にたまたまセンスがあったっていう話。

 

万人に通用する話ではないんですよ。

 

普通の人がプログラミングを独学でマスターするのは無理。っていうか、途方もなく効率が悪い。

 

確かに、最近は独学でプログラミングを学ぶことができる優れた学習サイトもありますよ。

 

ドットインストールなんかは作った人は凄いと思いますし。

 

あと、プロゲートとかもプログラミングを学ぶ上ではかなり良いサービスだと思います

 

※ 若干、海外のサービスの丸パクリにも見えないこともないですけど、そこについては今回は触れません。

 

ドットインストールは無料だし、プロゲートも月額課金するとしても数千円くらいだし。なんという良心的な価格設定。

 

まあ、こういう風に個人が独学でプログラミングを学びやすいような環境はできつつあるんです。でもね、それでも一般の人にはキツイですよ。

 

だって、まずもって、プログラミングを学ぶ上で出て来る用語がイチイチわからないし、わからない単語がボコボコ出てきたら嫌気さしますよね。

 

頭にも負担かかるし、疲れるし、うんざりする。

 

コードを書いてみても、バグでうまく動かないし、動かない理由をウンウン考えているうちに日が暮れる。

 

正直、時間がめっちゃかかって鬼のように非効率なわけです。

 

今って、プログラミングスキルもそりゃあ大事なんですけど、それよりもフレームワークとかライブラリとかAPIを活用して、ちゃっちゃと組み合わせてマッシュアップしてサービスを完成みたいなやり方がイマドキだと思うんですよね。

 

コードを書けることは大事だけど、それよりもDJ的な掛け算のスキルが求められる。先人が優れたコードを残してくれているのでね。それらを有効活用するのが手っ取り早いです。

 

まあ、ウンウン唸る時間ももちろん必要だとは思うんですけどね。

 

でも、ある程度のレベルにパッと持ち込んで、パッとウェブサービス作るみたいなやり方が良いんじゃないかなあと思ったりするわけですよ。

 

言語でいうと、Ruby on Railsとかで。

 

まあ、あとはモチベーションの問題。

 

自分だけで勉強するのはマジでキツイ。だって、高校受験も大学受験もあんだけ予備校が流行ってるわけだから、みんな普通に一人じゃ頑張れないわけですよ。やる気が続かないのです。萎えるのです。

 

なので、プログラミングを独学で学ぼうとする方々に言いたいのは、普通にスクールに行くとか家庭教師に教えてもらった方が効率が良いよってこと。

 

スクールで間違えたときにさっと指摘してもらえる環境をつくるべき。わからないことを一瞬で解決してもらえる環境をつくるべき。

 

長期的に見て、絶対そっちの方が効率良いし、しかも安上がりだと思いますよ。

 

個人的にはCodecamp(コードキャンプ)がオススメなんですけど、ここも1ヶ月で15万円弱ですからね。3万円払えば1ヶ月延長になるし。

 

それに、エンジニア転職コースを受講してエンジニアに転職することに成功すれば、2ヶ月間の受講料がタダになるんですよ。

 

これ、革命的ですよ。

 

今なら、無料体験レッスンを受けた方には1万円分の割引きクーポンがつくみたいなので、とりあえず無料体験を受けて担当の講師の方に色々と質問してみるのも良いと思います。

 

まあ、Codecamp(コードキャンプ)については、僕個人が良いと思うだけで、合う合わないは人それぞれだと思うので、実際に自分の頭で決めてもらえばいいんちゃうかなと思います。

 

▼▼Codecamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンはこちらから▼▼

 

プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp

フリーランスエンジニアが登録すべきおすすめのエージェントの評判を比較してみた。

「manhattan」の画像検索結果

目次

  • ①:ギークスジョブ
  • ②:レバテックフリーランス
  • ③:Midworks(ミッドワークス)
  • ④:PE-BANK(ピーイー・バンク)
  • ⑤:ハイパフォーマー
  • ⑥:ポテパンフリーランス
  • ⑦:エンジニアファクトリー
  • ⑧:エンジニアルーム
  • ⑨:PROSheet(プロシート)
  • ⑩:ハッピーエンジニア
続きを読む

エンジニアルームの評判・口コミ|おすすめの理由とメリット、デメリットを調査してみた。

「エンジニアルーム」の画像検索結果

目次

  • エンジニアルームの基本情報
    • 運営企業
    • 代表取締役
    • 本社の所在地
  • エンジニアルームのメリット(長所)
    • ①:首都圏最大級の案件数
    • ②:東京以外の案件も扱っている
    • ③:担当コーディネーターの丁寧なサポート
    • ④:支払いサイトが最短20日
    • ⑤初心者向けの案件も多数
    • ⑤:確定申告のサポート
    • ⑥:約20年の実績
  • エンジニアルームのデメリット(短所)
  • 取引先
  • エンジニアルームの評判・口コミ
  • 最後に
続きを読む

PROSheetの評判・口コミ|おすすめの理由とメリット、デメリットを調査してみた。

 

「prosheet」の画像検索結果

目次

  • PROSheetの基本情報
    • 運営企業
    • 代表取締役
    • 本社の所在地
  • PROSheetのメリット(長所)
    • ①:週2日、週3日の参画も可能
    • ②:freeeの利用が可能
    • ③:福利厚生が充実している
    • ④:フェイスブック登録が可能で便利
  • PROSheetのデメリット(短所)
    • ①:案件のレベルが高い
  • PROSheetの案件
  • PROSheetの評判・口コミ
    • ①:週2日の求人もあり、良い
    • ②:キャリアアップの相談に乗ってもらえる
  • 最後に
続きを読む

ハイパフォーマーの評判・口コミ|おすすめの理由とメリット、デメリットを調査してみた。

目次

  • ハイパフォーマーの基本情報
    • 運営企業
    • 代表取締役
    • 本社の所在地
  • ハイパフォーマーのメリット(長所)
    • ①:単価が高い
    • ②:老舗である
    • ③:支払いサイトが速い
    • ④:週3日の案件もある
  • ハイパフォーマーのデメリット(短所)
    • ①:知名度が低い
    • ②:案件の難易度が高そう
  • ハイパフォーマーの案件
  • ハイパフォーマーの評判・口コミ
  • 利用の流れ
  • 最後に
続きを読む

ハッピーエンジニアの評判・口コミ|おすすめの理由やメリット、デメリットについて調査してみた。

「ハッピーエンジニア」の画像検索結果

目次

  • ハッピーエンジニアの基本情報
    • 運営企業
    • 代表者
    • 本社の所在地
  • ハッピーエンジニアのメリット
    • メリット①:報酬単価が高い
    • メリット②:案件の8割が直請け
    • メリット③:案件数が多い
    • メリット④:サポート体制が充実している
    • メリット⑤:東京以外でも案件がある
  • ハッピーエンジニアのデメリット
    • デメリット①:地方の案件がない
    • デメリット②:リモート案件が少ない
  • ハッピーエンジニアの案件
  • ハッピーエンジニアの評判・口コミ
    • ①:案件をどんどん紹介してもらえる
    • ②:賃金交渉等を任せることができる
  • 最後に
続きを読む